遺産相続に強い税理士

投稿者:

被相続人が亡くなった後、通夜や葬儀を済ませたら速やかに遺産相続をスタートさせなければなりませんが、なかなか心の整理もつかない状態で進めていくのは困難な場合もあります。
ましてや遺産相続は普段から興味がなければなかなか調べる機会もありませんし、それを仕事にしている人は別として基本的に知識のない状態でスタートするのでトラブルも起こりやすいです。

トラブルと聞くとどうしても相続人同士のものをイメージするかもしれませんが、それだけではなく相続税に関するトラブルも増えています。
これはまず税制が改正されて基礎控除額の計算式が変更になったことも関係しており、それを知らなかったばかりに自分が相続税の対象になっていることを知らなかったというケースもあるのです。

現在相続税の基礎控除の計算式は3,000万円+600万円×相続人の数となっていますが、平成26年12月31日までは5,000万円+1,000万円×相続人の数で計算できていたのです。
改正前の計算式と現在の計算式ではおよそ40パーセントも引き下げられた形になっているので、当然相続税の対象になる人は増えますし、これを理解していないと自分が相続税の対象になっていることに気付かないこともあるかもしれません。
ですから遺産相続をすることが分かったら税理士に相談するのがベストで、税理士なら相続税の計算から節税、税務調査対策などもしっかりやってくれます。

税理士を選ぶときのポイントはまず相続税を得意にしている人かどうかで、これは税理士にもいろいろな種類があって、所得税や法人税、消費税を得意にしている人もいるからです。
相続税を得意にしている人に依頼すれば経験豊富ですからスムーズに手続きしてくれますし、分からない部分にも丁寧に答えてくれるので安心です。
また、必ず税理士自身がしっかりと対応してくれる事務所であるかも確認してください。
中には事務所スタッフにまかせっきりのところもあるので、そういったところはおすすめできません。