税理士費用は必要経費?

投稿者:

相続税について相談するなら税理士がベストですが、税理士にもいろいろな種類がありますので選ぶときにはその点も意識しておかなければなりません。
税理士はその名の通り税金のスペシャリストで、相続税のほかにも所得税や法人税、消費税などを扱っており、対個人をメインにしている人もいれば対企業をメインにしている人もいます。
それぞれ専門分野が異なりますから、まず注目しておきたいのは依頼を希望する税理士が相続税に強い人かどうかで、ここは絶対に欠かせない部分と言えるでしょう。

ほかの税金を専門分野にしている税理士にも依頼することはできますし、手続きを代行することも可能ですが、普段扱っている分野と違うのであまりメリットはありません。
特にたくさんの財産を相続する場合、相続税も多くなる可能性が極めて高いのでできるだけ納める税金を少なくする工夫が必要になります。
普段から相続税を扱っている人は節税対策や税務調査対策も心得ているのでスムーズに手続きをしてくれますし、安心して任せられるのでわざわざほかの専門分野の税理士に任せる必要はありません。

そして税理士に依頼するときにひとつ気になるのが費用で、これはどこまで手続きをお願いするかにもよりますが、4000万円までならおよそ20〜40万円、4000万円〜7000万円までならおよそ30〜50万円、7000万円〜1億円までならおよそ50〜70万円、1億円〜3億円までならおよそ70〜120万円、3億円〜5億円までならおよそ80〜150万円、5億円〜10億円までならおよそ150〜220万円くらいが相場と言えるでしょう。
また税理士にかかる費用は所得税の必要経費として計上することはできず、全額実費になりますので、そこも覚えておいてください。
基本的に遺産相続のときに専門家へ依頼する報酬は必要経費にはなりませんから、どこまで自分でできるのか、どこから専門家に任せたほうがいいのか考えておきましょう。