相続税は税理士へ

投稿者:

相続税は遺産相続をするすべての人が対象になるわけではありませんが、対象になっていた場合は被相続人が亡くなってから10カ月以内に税務署で納税手続きしなければなりません。
遺産分割協議後、速やかに相続税の計算・申告手続きに移ることをおすすめしますし、自分で手続きをするよりも税理士に依頼したほうが確実かつ安心なので、税理士に相談しながら進めるといいでしょう。

相続税の納税手続きを自分でやると言っても、まず相続税がどれくらいかかるか計算しなければなりませんし、どの財産が相続税の対象になる財産なのか一から調べていく必要があります。
基礎控除は3,000万円+600万円×相続人の数で計算できますから、ある程度自分が課税対象になっているかはわかるかもしれませんが、正確な数字を出すならやはり専門家に依頼したほうが早いです。

相続税を税理士に依頼するメリットとしてまずあげられるのが「できるだけ相続税を少なくできるように調整してくれる」ところがあげられ、これは税理士でなければできないことですから、これだけでも依頼する価値があります。
相続財産が多ければ多い程相続税もたくさんかかってきますし、相続財産の中には必ずしも現金や株式のような換金性の高いものばかりではありませんから、相続税を抑えることで自身の負担を少なくすることにも役立ちます。
また、税理士は調査の対策も行ってくれますので、税務に関する全般の業務をこなしてくれます。
どんな調査をするのか、調査の対象になる財産はどんなものなのか、などしっかり理解しているので安心して任せられます。

そして相続税に関する相談を税理士にするときには必ず相続税を専門に扱っている人に依頼してください。
税理士にもそれぞれ専門分野がありますので、相続税を専門にしている人のほうが経験もある分スムーズな手続きになりますし、確実なアドバイスをしてくれるので安心して任せられますし仕事も早いです。