相続税は税理士がベスト

投稿者:

遺産相続をする場合、相続財産の総額によっては相続税が発生することがありますが、この場合どのような流れで対処すればいいのでしょうか?
まず遺産相続がスタートするのは被相続人が亡くなったその日からで、そこから数えて10カ月以内に税務署へ納税手続きをすることになっています。

最初にやるのは遺言書の確認で、遺言書が残されているのであれば裁判所で検認してもらい、問題がなければそのまま記載事項に沿って手続きを進めていきます。
ただ遺言書が残されていないことのほうが多いですから、その場合は相続人調査と財産調査を行って遺産分割協議を行います。
遺産分割協議は相続人全員が集まって誰がどの財産を相続するのか協議する場ですから、もし相続放棄や限定承認をするのであればそれまでの段階で宣言しておかなければなりません。

遺産分割協議の結果、誰がどの財産を相続するのか決まったら、相続人自身が財産の取得手続きや相続税の計算をしていきます。
とは言え、素人ではなかなか難しい部分もありますから、税理士に手続きを代行してもらうのがおすすめで、税理士は税金のスペシャリストですから相続税について任せるならベストの選択です。

税理士ができることとしてまず節税があげられ、これはより多くの財産を相続した人にとっては大きな問題になりますので、できるだけ納める相続税を少なくできるだけでも大きなメリットがあります。
さらに税務署への申告手続きや税務調査の対応なども行ってくれますので、初めて遺産相続する人でも安心できるのではないでしょうか?

税理士を選ぶときに考えておきたいのは相続税を専門にしているかどうかで、税理士の中にも所得税や法人税、消費税とほかの税金をメインにしている人もいます。
ですから、相続税について相談したり手続きを代行してもらうのであれば相続税に強い税理士に依頼するようにしてください。
最近ではホームページから申し込みもできますので、活用するといいでしょう。