相続税と贈与税

投稿者:

遺産相続について考えるときに相続税だけでなく贈与税が絡んでくることが多々あります。
このふたつの税金の関係をしっかり理解しておかないと思わぬところで負担がかかってきて損をするので注意しなければなりません。
そこでここでは相続税と贈与税が関わってくる問題についてお話していきますから、これから遺産相続する可能性がある皆さんは参考にしてください。

はじめに相続税とは文字通り遺産相続したときの財産に対してかかる税金で、対象となるのはいわゆるプラスの財産からマイナスの財産を引いて出た相続財産の総額から基礎控除額を引いて出た部分です。
基礎控除額は3,000万円+600万円×相続人の数で計算できますので、たとえば相続人が3人いる場合は4,800万円が基礎控除額になります。

次に贈与税ですが、こちらは被相続人となる人が生きているときに財産を贈る場合に発生する税金で、こちらも基礎控除があります。
贈与税の基礎控除は年間で110万円までとなっており、これを超えると贈与税の対象になります。
相続税絡みの問題でもっとも多いのは、贈与が完了しているにも関わらず相続税がかかってしまうケースで、これは遺産相続があった日から数えて3年前までに行なわれた贈与はなかったものとして相続税を計算することがあるからです。
民法上では贈与が認められているにも関わらず税法ではそれが認められず発生してしまうことがあるので、このあたりは税理士に一度相談してみるのがいいでしょう。

一番ベストな選択肢としては相続税も贈与税も累進課税となりますので、一回で財産を他の人に渡すと考えるのではなく、分散させることでです。
たとえば贈与税の基礎控除は年間で110万円までですから、この基礎控除を利用して贈与を繰り返していけば税金は確実に少なくなります。
ただここでも注意したいのは連年贈与と判断されないように対策することで、ここも税理士と一緒に対策を練ったほうがいいでしょう。